副業はバレるのか!?

こんにちは!駆け出しフリーランスの整体師ヒロトです。私は専業でフリーランスをしていますが、皆さんの中には副業でフリーランスをされている方も多いと思います。
そして、副業の方は「会社バレ」にびびっているのでは?!と思います。ということで、今回は会社に副業がバレるのか!?
について解説します。

会社バレの原因は?

皆さんが思う会社バレの原因は、何でしょうか?

税務署から連絡が行く?
市区町村から連絡が行く?
マイナンバーでバレてしまう?

などが思いつく原因かもしれません。
でも、これ全部バレません。

そもそも税務署から連絡はないですし、市区町村からの連絡もありません。マイナンバーでも会社は所得がわかりません。
唯一バレる可能性があるのが、「住民税の特別徴収額」です!!
ここを理解することが唯一絶対に大切!ということで、詳しく説明します。

住民税の特別徴収の仕組み!

企業で社員として働いている皆さんは、会社から住民税を天引きされています。
住民税の納付方法は「特別徴収」といわれる企業が天引きする方法と、「普通徴収」といわれる自分で納める方法があり、一般的なサラリーマンの方は「特別徴収」を選択されていて、企業がその額を把握しているわけです。

ということは、お勤めの企業の経理の方は、給与から計算した額より多い住民税の額に、違和感を持つはずです。これが、会社バレの原因となります。

どうやったらバレないの?住民税の対策法!

住民税の納付の方法は自分で選択することが可能です。給与分は企業から特別徴収、フリーランスで稼いだ分は確定申告して普通徴収、というふうに自分で納付することができます。
確定申告時に選択する部分があるので、そこで「普通徴収」を選択して提出してください。
ただ、自治体によって特別徴収を推奨している自治体もあり、事前に確認が必要です。
手続き自体は可能なものですが、担当者によっては「対応できない」といわれる可能性もありますので、事前の交渉、確認をオススメします。

実は盲点!他にもあるバレ要因は?

ここまで、手続き上での会社バレの原因を解説してきましたが、他に実はバレる可能性が高いのが「友人・知人からのチクリ!」です。

これには気を付けなければなりません。
売上があがったり、利益が残ったりすると人は自慢をしたいものです。

この自慢を快く思わない方も多くいらっしゃいます。完全にフリーランスになるまでは、ひっそりコツコツと副業を進めてください。

しっかり手続きや対策をとれば、副業が会社にバレるということは殆どありません。そもそも現代社会では国が副業をすすめているぐらいですし、副業を認める大企業も多くなってきています。会社は自分を守ってはくれません。是非、副業にチャレンジして自分の将来を自分で決められる環境を手にしてください。

みんなのせいたいは副業の整体師も、専業の整体師も応援しています。